国分建設が手がける住まい|SMILEいっぱい夢いっぱいの注文住宅

このエントリーをはてなブックマークに追加

分譲住宅の特徴と利点

分譲住宅のメリットとは

分譲住宅の購入を考える場合に、分譲住宅のメリットやデメリットも知っておきましょう。 事前に分譲住宅のメリットやデメリットを知っておくことで、今後の計画も立てやすい上に、いざ住んでから後悔することが減るからです。 まず分譲住宅のメリットはその不動産か、資産になるという点です。資産といっても昔ほど土地の価格が上昇してませんので、たいした資産価値はありませんが、自分のものにならない賃貸に比べると、その資産価値は大きいと言えます。 また、住宅ローンを長期間にわたってして支払わなければなりませんが、その反面住宅ローンの支払いが終わってしまえば負担が少なくなることです。これに対して賃貸物件は何十年住んでももそこにいる限りは家賃を払い続けなければならない点が大きな違いです。

金銭的な違いはそれほどない

ただし、分譲住宅の場合は資産価値があるといっても、住宅の管理費にお金がかかるのです。 住宅も住み続けるうちに劣化をしてきますし、そのメンテナンスとしてリフォームをしなければならず全面リフォームをする場合には一千万円近くかかることもあります。また、定期的に固定資産税を払わなければならず、その分の負担も事前に考えておかなければなりません。 そのように考えると、金銭面での違いは購入する場合と借りる場合ではあまりないことになります。 分譲住宅にするかどうかは、そこに住む人の価値観や生活スタイルなどによってメリットと感じる部分が大きいか、デメリットと感じる部分が大きいかが変わってきます。 例えば、転勤が多い仕事についた場合は賃貸住宅の方が便利ですし、子供をのびのびと育てたいと考える場合は分譲住宅の方が育てやすいのです。