国分建設が手がける住まい|SMILEいっぱい夢いっぱいの注文住宅

このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅の今後

住宅業界の今後の動向

注文住宅を提供する会社はハウスメーカーや設計事務所、工務店などたくさんの種類があります。更に最近では規格住宅を販売する会社でも工事の着工前から販売を開始し場合によっては壁や設備の仕様や色を決めることができる建築会社もあります。このように分類ごとに方に収めることができずより販売形態が多様化しているのです。 というのも新築戸建て住宅の需要は年々右肩下がりとなっています。この背景には人口減少、高齢化、リフォーム事業の強化、建物の寿命が延びたなど様々な要因があります。ですから注文住宅を提供する会社もあの手この手で顧客獲得を目指しているのです。こうした顧客獲得競争の中購入者はより良いサービスを提供する建築会社を選択する必要があるのです。そのためにもどういった目線で会社を選べばよいかという目を養う必要があります。

住宅を設計するうえで参考にする数値

住宅を設計するうえでは様々な寸法というのがあります。人がすれ違うのに必要な寸法、人が通るのに必要な寸法といったように生活するうえで行う動作ごとに必要な寸法というのは住宅を設計する上でとても重要な要素です。設計の経験が豊富な人はこうした寸法を念頭に入れて住宅をデザインしています。特に注文住宅を建築する場合施主の要望を住宅に反映させつつこうした寸法を計算し快適に生活を送れる設計を考えるのです。しかし一般の人にとってこうした寸法はなじみがなく日々の生活の中で寸法をイメージして生活するということはまずありません。たとえばテレビの寸法、冷蔵庫の寸法、机の高さこれらの数値を尋ねられて瞬時にこたえられる人は少ないはずです。しかし注文住宅を設計するうえでこうした一般的な数値を念頭に入れたうえで住宅をデザインしているのです。 新居に持っていく家具や家電の寸法が決まっている場合にはこういった数値を落とし込んだうえで設計することでより限られた空間を快適にデザインすることができるのです。